スカイマークを利用する時の注意点とは?

スカイマークを利用する時は注意して欲しい点が数点あります。どれも難しいものではなく、時間に余裕を持って行動することが大切です。スカイマークを存分に満喫するためにも事前にスカイマークのルールを知っておきましょう。今回は「子供さんの予約について」と「カウンターに早く行くことについて」の2点を調べてみましたので参考にしてみてくださいね。

■スカイマークの子供向けサービスの注意
子供の予約ってとても悩みますよね。0~2歳であれば大人一人につき1人は無料で乗ることが出来ます。
SKYMARKでは満8歳以上であれば、子供一人で単独で予約することが出来、それ以下の子供になると必ず満12歳以上の同伴が必要になりますので注意してくださいね。他にもスカイマークにある独自のサービスでお子様一人旅サービスがあります。6・7歳の子供が一人で飛行機に乗れますが、搭乗する際は空港カウンターを含めお見送りの人が必須になります。到着した先でもお見送りの人が必須です。このサービスは年齢が該当していれば子供一人で帰省する時にも使えますので覚えておきましょう。

■カウンターには早めに行きましょう
スカイマークは他の航空会社と比較してカウンターが狭いので非常に混み合います。荷物を預ける時は出来るだけ早い時間に行かないと予定通りにいかず後々後悔することになりかねません。また、手荷物に関しても既定の大きさや重量を上回る場合は大きさに応じて500円~1000円の追加料金がかかってしまいます。
他にもLCCの場合事前に席の指定をすることが出来ません。当日カウンターで席の希望を伝えると指定してもらえます。ギリギリに行ってしまうと余っている席になってしまうので余裕を持ってカウンターに行くのをおすすめします。

■その他に注意したいこと
スカイマークは3列シートが横に並んでいます。2列シートと違い、一度座ると安易にお手洗いに立つのも大変です。外の景色を見ることが出来るのもいいですが、座席の指定は通路側にしておいた方が賢明かもしれません。
また、スカイマークはドリンクのサービスがなく有料になりますので事前に購入しておいてもいいでしょう。少ないですが機内の中で購入することも出来ます。

いかがでしたでしょうか。SKYMARKは格安航空会社ならではの注意点もありますが、予約時に気を付けたり工夫するだけでいくらでも改善することが出来ます。今年の旅行は格安航空スカイマークで少し遠出をしてみませんか。

Comments closed