格安航空会社スカイマークさらに安く利用するには?

格安スカイマークをさらにお得に購入したい人、「いま得」・「フリーフレックス」を知っていますか?LCCと言えばシンプルだけど飛行機チケットが安いプランと、日時の変更やサービス内容の追加が含まれた少し高めのプランの二通りが主流となっています。
スカイマークを上手に利用し格安で利用したいと思っているのであれば是非とも「いま得」・「フリーフレックス」を使ってお得に楽しみましょう。
今回はスカイマークの元々の割引と比較しながら比べてみましょう。

■スカイマークの元々の割引運賃は?
元々スカイマークには「WEB割」や「フリー」などといった割引のサービスがあります。
搭乗する「60日前」・「40日前」に購入することで通常運賃より安くSKYMARKを利用出来ることがメリットでした。また、直前で少しでもお得に購入したいとなれば前割14・7・3・1などと直前でも通常運賃よりも割引で購入出来るのでこちらの方が有名で知っている人も多いのではないでしょうか。

■スカイマークの「いま得」ってなに?
「いま得」は以前「フレックス」と呼ばれていた名前が変わったのですが60日前や40日前に購入する方法ではないのです。最近では大手航空会社でも使われる方法となりましたが、空席連動で運賃が変動することをいいます。日々の空席の数に応じて運賃が変動するとして搭乗する3日前まで購入することが出来ます。「いま得」を使って予約した場合は変更が利きませんので注意しましょう。

■スカイマークの「フリーフレックス」ってなに?
さらに、「いま得」に少し追加料金が発生すると「フリーフレックス」という方法があります。「フリーフレックス」は「いま得」には出来ない同一区間の変更という条件つきで日時の変更が出来るようになります。変更に手数料がかからない分、同一区間でないと変更は出来ません。さらに「いま得」は3日前までの予約でしたが「フリーフレックス」なら直前まで予約することが出来るので少し割高にはなりますがとても便利ですよね。

スカイマークには利用者が出来るだけ安くお得に利用出来るサービスがたくさんあります。その搭乗がまだ先の場合もあれば直前でも利用出来る物もあるので、便利ですし利用しない手はありません。日程の変更や直前になりそうな時は「フリーフレックス」、3日前まででなるべくお得にスカイマークを利用したいのであれば「いま得」と用途に合わせて選んでみるのもお得ですしいいでしょう。

Comments closed